研修会のカリキュラム

  • 全日程を終了し、筆記試験、実技試験の両方に合格された方は、JMRA認定リフレクソロジストとして認定書が発行されます。
  • JMRA認定リフレクソロジストの認定を受けることができた方は、さらに、アドバンスクラス(MRS養成コース:1年間/3万円)に進むことができます。

入会方法、研修費については「≫会員&研修生募集」をご覧ください。

2年半のカリキュラム

「カリキュラムの特色」

  1. フルトリートメントに必要な反射区以外の項目は、卒後研修会の題材として別に行います。
  2. 各反射区の終了毎に確認試験を行い、細かく確実に技術を習得できるようにします。
  3. 2年半のカリキュラム終了時に認定試験とケースレポート提出(30例)を設定します。
  4. 総受講時間は75時間に変更となります。欠席時の補講はありません。
講習時間 9~12時   13~16時   11~14時
1年目 学習課題 2年目 学習課題 3年目 学習課題
4月 導入、オープニング、頭部 4月 消化器 右・左 4月 背骨
5月 オープニング、頭部 5月 5月
6月 6月 6月
7月 7月 7月
8月 8月 8月
9月 技術チェック 9月 技術チェック 9月 認定試験
10月 呼吸器、クロージング 10月 生殖器、泌尿器 10月  
11月 11月 11月  
12月 12月 12月  
1月 1月 1月  
2月 2月 2月  
3月 技術チェック 3月 技術チェック 3月  

  • 受講料は1~3年目半年で50,000円→1年で100,000円。アドバンスクラス受講料は30,000円 在籍年数に制限なし
  • 半年毎の技術チェック:検定料 5千円/回
  • 認定試験は、各学習課題を終了していることを受験の条件とする。検定料は10,000円とする。再試験についても10,000円。
  • 上記全日程を終了し、筆記試験・認定試験の両方に合格された方は、認定リフレクソロジストとして認定書が発行されます。
  • JMRA認定リフレクソロジストの認定を受けた方は、アドバンスクラスに進むことができます。技術の向上を目的としています。受講料は3万円/年です。アドバンスクラスを合格されると、MRS(ミッドワイフ リフレクソロジー スペシャリスト)として認定します。
  • 全課程を終了後、認定試験が不合格のかたは、再度練習をして認定試験を受けることができます。(修了生の研修会受講料は1回につき 
    5,000円)

スキルアップセミナー

定期的に助産師のより専門的なリフレソロジーを学ぶために、海外で活躍する講師(リンダル・モラート氏)をお招きし、スキルアップセミナー(集中2日間)を開催しています。リンダル氏は、オーストラリアで看護師、助産師でありリフレクソロジストとしても活躍中です。 2011年の国際リフレクソロジスト協会世界大会では「流産とリフレクソロジーの役割」につて発表され、日本の雑誌「セラピスト」2011年12月号でも紹介されました。
※スキルアップセミナーは、研究会員であればどなたも参加できます。参加費は別途徴収(6~7万円程度)させていただきます。

卒後研修

  • JMRA認定リフレクソロジストを維持・公表するには、会員を継続し、なおかつ年1回以上の研修会参加が必須となります。
  • 各支部でリフレクソロジー技術の維持・向上のための研修会や助産師として活用できる技術・知識について研修会を計画しています。